デントリペアテクニカルスクール

受講要項

目的

デントリペア技術の豊富な経験と実績を持つ講師の指導の基に、技術・各種ノウハウ・アクセスノウハウを養成し、 講習終了後には、独自のペイントレス・デントリペアサービスを取り入れ、新しい事業展開を目指します。   

講習内容

ペントレス・デントリペアについての講習と技術の修得

講義

デントの構造、デントリペアについての基礎知識から応用まで ・専用工具の使い方(デントツール・その他備品等) ・デントリペアの工程 ・専用ライトの使用方法(光は何を教えてくれるのか) ・アクセス方法(基礎からさまざまなアクセス方法まで) ・ペントレス・デントリペアの営業ノウハウ

実技

ボンネットやドアを使用しての基本実技

・デントツールとポンチを使っての点突き、ノックダウンのレッスン
・光と影の判断をし見る眼を鍛え集中力と持続力を養う
・ヘコミの変化を見極めポイントを的確に突けまでの訓練


実車を利用しスチールの動き、力の入れ方、ツールのコントロール
修復過程のバランスを如何にとるかなど・・・ 

・ライティング・ツール選択の方法
・さまざまなデントリペア工程
・プッシュツール&ハンドツールを使用してのデントリペリア修復訓練
・その他ツール・プーリングキットを使ってのヘコミの直し方
・中間・卒業技能審査

即実践で活躍できるように多様なヘコミを交えてのレッスンと数多くのヘコミに向き合うことが出来る環境

・実践のヘコミを想定しての難易度が高い修復のチャレンジ
・基本を忘れないための再確認の反復練習
・ツールの動きとデントの変化の確認

講師紹介

確実な技術と現場でのサービスノウハウを学ぼう

「SHAGAKU」では確かな技術を学んで頂くために、リペア技術・デントサービスでのスペシャリストたちが受講希望の皆様へ、リペア技術習得、そして事業としての営業活動までをバックアップできる体制で皆様の受講をお待ちしています。「確実な技術と現場でのサービスノウハウを学ぼう」とお考えの方は、ぜひお問い合わせ頂き、SHAGAKUの技術を確かめて下さい。 
指導にあたるスタッフは、現在までに10年以上のデントリペアサービス経験を積み、雹害車を年間に100台以上リペアし、一般のサービス車輌も年間500台以上のリペア実績を誇るスタッフです。更にこれまでに400名以上の受講者を送り出し、技術向上を目指しているスタッフ陣と確信しております。

大野 吉郎

SHAGAKU 代表取締役 

 この度は、弊社のWebサイトへお越し頂きありがとうございます。
『奥の深い技術のデントリペア』を志して19年ほど経ちましたが、まだまだと思いながら技術の向上を目指して日々努力しております。
そして微力ながらこの技術をクルマ好きでデントリペアにご興味を持たれた方に情熱と誠意で技術を伝承するためスクール事業を運営して参りました。
近年クルマのボディーの鋼板がウルトラハイテンション材(高張力鋼板)が多く使われ板金の修復が難しくなってデントリペアの技法が業界でも多く活用されるようになってきております。
自動車業界をもっと活性化して頂くためにもこれからの世代の方々にはデントリペアの重要性を解って貰えばと考えております。
すべての技術には頂点は存在しないと思いながら、先ずはお客様に喜んで頂けるまでの技術を習得できる訓練を積み重ねて忍耐力のある技術者の育成とサポートがSHAGAKUの使命だと思っております。
目先の事を恐れずに挑戦と意欲が溢れる勇者の皆さん一歩踏み出して一緒にデントリペアの楽しさ、面白さを体感して見て下さい。

安藤 広昌(Hiroaki Ando) 

技術指導講師・非常勤

 SHAGAKUのホームページをご覧いただきありがとうございます。
皆さんが興味を持たれている、ペイントレスデントリペアは、デントツールと言われる専用の工具を使ってドアパンチなどの小さい凹みをリペアする技術です。
板金塗装と異なり塗料&パテやブース等を使用しない為、出張で簡単にリペアすることが可能となります。
車が好きで、何か車に関わった仕事がしたいと思われているのであれば、新規参入がやりやすいデントリペアの技術を身に付けてチャレンジしませんか!
また車業界でお仕事をされていて、もう一つ何か良い技術を身に付けたいと考えていらっしゃる方も・・・
SHAGAKUスタッフが、全力でリペア技術や営業ノウハウをサポート致します。

小林 宏章(Hiroaki Kobayashi) 

技術指導講師・非常勤

「デントリペアとは『車のヘコミを裏側から鉄の棒で押して直す』とても単純で原始的な技術の事です」こんな風に文章にすると、簡単に習得できる技術だと思うかもしれませんね。
実際に僕も異業種(建設業の鉄筋組立工)から、デントリペアを始めるまではそう思ってました。
でも実際は非常に難しく、初めは自分が鉄板のどこをデントツールで押しているのか探すのが精一杯だと思います。ヘコミの裏側にデントツールを持っていく事もおそらくできないでしょう。でも、やる気と学ぶ気持ちがあれば大丈夫です。
我々現役のデントリペア職人が丁寧に、そして徹底的にそのノウハウを教えます。

松村 進(Matsumura Susumu) 

技術指導講師・非常勤

簡単にできる技術ではありません。習得するまでは努力、忍耐、情熱、時間、etcが必要です。
簡単にできない技術だからこそ価値があるのです。
頑張れば頑張った分だけ結果が残ります。
自分に付いた技術力はなにものも影響されません。
習得には洗練されたカリキュラムが習得まで時間がかかる物はなるべく早くスタートする事が重要です。
ぜひ一度体験して見て下さい。
デントリペアテクニカルスクール無料体験募集